キラキラ
稲穂が実りましたキラキラ

稲穂が立派に実り、農家さんがまだ寒さが残る早春に苗を育て春から猛暑の夏まで、手間暇かけて大切に育てられ、9月の初旬~中旬には刈取りが行なわれます!
ここのところ天気が悪いので、筑波山の晴れている写真が撮れません。雨泣






契約農家さんが手間隙掛けて大切に育てられた酒造好適米も、最初に仕込むお米は早生の長野県産美山錦です。9月中旬に玄米が入荷し、その後50%まで精米し枯らし(水分をお米に戻すこと)を行い、9月28日洗付け(今年度の最初にお酒を造るお米を洗米する事)を行なう予定です。稲穂の成長を見ると、いよいよだと緊張感が出てきます。今年のお米の出来は、とてもいいようです。






また、今年もお米の安全性の確認がされました。

酒蔵の中は今、毎日酒造りのための準備を行なっています。今年は洗い場が手狭の為、後ろ側に広げています。左官屋さんが暑い夏の間、基礎をやって頂き、生コンを流し、ブロックを積んでいただきました。これから大工さんと板金屋さんが壁や屋根を作ってくれます。また、少し酒蔵が広くなり嬉しいですキラキラ
また、蔵人は毎日酒蔵を磨き、タンクや醸造器具の点検、整備を行なっています。

今年も、農家さんが作ってくれた大切なお米を、いいお酒ができる様に精魂こめて造っていきますパンチパンチパンチ