つくばの地酒・男女川(ミナノガワ):2015年08月30日アーカイブ

シンガポールBAM!

海外


シンガポールにあるBAM! Tapas-Sake Bar

シェフが振る舞うスペイン料理のコース料理に合わせて、
日本酒をワイングラスでお出ししてくれる
とってもかっこいいお店ですキラキラ

機会があって、昨年の秋より稲葉酒造のすてら雫酒などを
BAM! のインハウスSakeとして取り扱ってくださっています。


今回は、BAM!さん経由で、
シンガポールのSCマガジンに掲載していただきました♪


現代のお酒と料理の組み合わせについて書かれているそうですカクテル


男女川も



すてらも



シンガポールでお呑みいただけますキラキラ


最近は、お仕事やご旅行でシンガポールに行かれる方、
多いですね!

私が10年以上前に行った時とは、全く変わっていて
昨年訪問した際には、洗練された都市という印象を受けました。

その時ちょうど乗ったタクシーの運転手さんも、
”この10年でシンガポールは凄く変わった”
とおっしゃってました。


この写真は社長と杜氏がBAM!にお邪魔した時のもの


一番右がBAM!ディレクターのコンスタンスさんですキラキラ

コンスタンスさんは、シンガポールで有名な女優さんなのですが
綺麗であること以上に、いつも気配りをしてくださって
とっても素敵な方です。

BAM!への想いなども熱く語ってくださり、お店にお邪魔すると
いつも帰りは私たちの姿が見えなくなるまで見送ってくださいますにこにこ


BAM!さんは、この夏からインドネシアのジャカルタにも店舗を出し、
そちらでも稲葉酒造のお酒を取り扱ってくださっています♪


皆様東南アジアへご旅行の際は、
是非お立ち寄りください!


BAM!さんのインスタグラムはこちら
@bamtapassakebar



BAM!さんのFacebookはこちら
https://www.facebook.com/pages/BAM-Tapas-Sake-Bar/1377366382587380




Facebookはじめました♪
likeお願いしますグッド
稲葉酒造Facebookページ


稲穂が実りました(^^)/

今日の筑波山

キラキラ
稲穂が実りましたキラキラ

稲穂が立派に実り、農家さんがまだ寒さが残る早春に苗を育て春から猛暑の夏まで、手間暇かけて大切に育てられ、9月の初旬~中旬には刈取りが行なわれます!
ここのところ天気が悪いので、筑波山の晴れている写真が撮れません。雨泣






契約農家さんが手間隙掛けて大切に育てられた酒造好適米も、最初に仕込むお米は早生の長野県産美山錦です。9月中旬に玄米が入荷し、その後50%まで精米し枯らし(水分をお米に戻すこと)を行い、9月28日洗付け(今年度の最初にお酒を造るお米を洗米する事)を行なう予定です。稲穂の成長を見ると、いよいよだと緊張感が出てきます。今年のお米の出来は、とてもいいようです。






また、今年もお米の安全性の確認がされました。

酒蔵の中は今、毎日酒造りのための準備を行なっています。今年は洗い場が手狭の為、後ろ側に広げています。左官屋さんが暑い夏の間、基礎をやって頂き、生コンを流し、ブロックを積んでいただきました。これから大工さんと板金屋さんが壁や屋根を作ってくれます。また、少し酒蔵が広くなり嬉しいですキラキラ
また、蔵人は毎日酒蔵を磨き、タンクや醸造器具の点検、整備を行なっています。

今年も、農家さんが作ってくれた大切なお米を、いいお酒ができる様に精魂こめて造っていきますパンチパンチパンチ